高齢者は食べたくないのか食べられないのか?

高齢者は食べたくないのか食べられないのか?

高齢者は食べたくないのか食べられないのか?分からないことがあります。

 

脳梗塞の後遺症でほとんど意思疎通ができなくなってしまった人がいましたが、その人は食事はすべて全粥のペースト食を食べています。

 

しかし食事をする方法忘れてしまったのか食べたくないのかほとんど食事を食べないでそのままになっています。

 

それで介護職員が頑張って食べさせようとしますが、ちっとも食べてくれません。

 

これなら経管栄養をしないと駄目だねといっている看護婦さんもいました。

 

高齢者は食べたくないのか食べられないのか?

 

そこで栄養士がこれはおいしい煮物ですよ。
私が食べたらとても美味しかったです。
そしてこのりんごのペーストはあなたのために特別に作ったものですよといってみました。

 

そうするといつもは全く言葉を発さないほとんど何も食べようとしない人が口を開けて食べ始めたのです。

 

このようなことがあるのに驚きます。

 

言っていることが分からない高齢者と思っていましたが、実はこっちのいっていることはわかっていたのです。

 

高齢者は意思疎通できなくても・・・

失語症の場合はそのようなこともよくあることで意思疎通ができなくてもこっちのいうことはわかっているという人はたくさんいます。

 

ですので、そのことを前提にして本人の前では嫌なことはいわないようにして分かりやすい言葉で話しかけて励ましてあげないと食べたくなくなってしまうのです。

 

良い食べ方というとは良い食べ方というのは栄養とばかり考えてしまいがちです。

 

それで食事を良くして長生きしようというと栄養の良いものを食べるということを考えがちなのですが、実際お食事とは何かということを考えた方が必要です。

 

食事鳥が食べること全てで栄養もちろん含むのですが、食べ物だけではなく食べ方そして食べ物を食べているという行為自体まで含みます。

 

お年寄りにとってどのようなものが良い食べ方といえるのかこれでについて大学教授が調査してこのような解説をまとめています。

 

まずどのような食べ物を選ぶということから始まります。

 

やわら会食べ物や飲み込みやすい食べ物ということですね。

 

そして食べ食べ方についてまで酷い意味で解釈しています。

 

そして食べるということには精神的な要因がとても大きいということがよくわかると思います。

 

高齢者にとって良い食べ方とは

ゆっくりよく噛んで食べる事このゆっくりよく食べることで落ち着きくつろぎます。

 

そして消化にもよく頭が冴えます。

 

そして規則的な時間で食べるというのが大切です。

 

そうすることで生活リズムをマイナスし胃腸の病気が予想されます。
そして好き嫌いなく食べるということもどの年齢においても大切なことです。

 

そうすると栄養バランスが保てますし栄養が欠損することが防止されます。

 

良い姿勢で食べる

そして良い姿勢で食べるということも大切です。
良い姿勢食べれば気分が良くなります。
飲み込みの障害が抑えられます。

 

そしてほどほどに食べるということです。

 

食べ過ぎは胃に悪く体にも良くありません。

 

成人病の予防にもなります。

 

そしてこれが大切です。

 

楽しく食べるということ楽しく食べるということは美味しく食べるということにもなり体に良くて気持ちもよくなるものです。

 

そして味わいながら食べるということ味わいながらというのは素材の味をよく理解して美味しくいただくということです。
それには豊かさを感じた時間車をする気持ちも含まれます。

 

そしてしょうゆをドバドバかけたりしなくて自然の味で食べるということも大切です。
自然の味で食べると調味料の味もよくわかります。

 

し自然のものの美味しさも分かります。