老化で食べる機能が低下−甘味・塩気が感じにくくなる

老化で食べる機能が低下−甘味・塩気が感じにくくなる

老化というのは年を重ねるごとにだんだんと機能の低下が起こるとことです。

 

機能が低下していくことをどうかといって命を与えられたらすぐにどうかということが始まります。

 

私たちは生まれてからすぐに向かって突き進んでいく生き物の宿命です。

 

どうかといっても人それぞれ個人差が大きなですが、誰でも老化していくことを止めることはできません。

 

ですので、老化現象をうまく付き合って老化を進めないようにして生活をしやすくしていくことが必要になるのです。

 

老化は食生活にも影響がとても大きいです。

 

精神的な変化もありますし飲み込みにくくなったりということもあります。

 

年寄りは頑固だといわれています。

 

老化で食べる機能が低下−甘味・塩気が感じにくくなる

 

そして感情が激しくなって怒ったり泣いたりそのような変化も現れてきます。

 

これは絶対に食べないといったら絶対聞かないお年寄りや、これが体にいいといったらそれしか食べないお年寄り、そんな食べ食べる事のくせに悩まされてしまうこともあると思います。

 

環境によっても随分食事の様子は変わってきます。

 

一人暮らしの高齢者は孤独感をいっぱい持っているのでだんだんと妄想が起こってくることがあります。

 

そうすると食事を食べたのに食べた気にならなかったり、自分で一人で食べることが寂しくなって物を食べたくなくなって、食欲落ちてだんだんと体の機能が落ちて寝たきりになってしまうということもあります。

 

もうひとつの変化として生理的な変化があります。

 

高齢者の生理的な変化というのは

体の組織がだんだんと変わっていくことです。

 

体は60兆個の細胞で構成されています。

 

60兆個の細胞は生命を維持するために栄養を食べることから取り寄せて排便や排尿などで老廃物を吐き出していきます。

 

その力の源となるのが食べ物です。

 

食べ物にはビタミンやミネラル分カロリーやタンパク質などが含まれていて体の機能を維持するのに必要です。

 

これらの組織なども細胞もだんだんと老化していくことで機能が低下していきます。

 

特に食べることとして見切な関係がある咀嚼機能や消化吸収の機能そして味覚といった3つの国が大切です。

 

 

感覚が低下する

料理人の偉い人では料理を作るだけではなく味はもちろん良くするのですが、演出をします。

 

例えば器に凝ったり音楽で良い雰囲気を出したり美味しそうに見せる舌触りなどにも気を配って一つの料理を仕上げていきます。

 

プロの料理人には味覚はもちろんのこと聴覚や触覚感覚などをすべて使って美味しく食べられるように努力しています。

 

そしてこの6感を使って食べるというのは料理人だけではなく高齢者も含まれます。

 

単に下に触っておいしいというものではなく6つの感覚が全て作用をしてどのような味になるのかが決まっているのです。

 

しかし動画をして行くと食欲が落ちていきます。

 

味覚は特に衰えて未来という細胞が減っていくことで味が感じられなくなっていきます。

 

高齢者は醤油をドバドバかけている人がいると思います。

 

これは味が分からなくなっているためです。

 

甘いジュースにも砂糖を感じることがなく砂糖を入れてほしいと要望する高齢者もいるのです。
味覚も変化していきます。
味覚には塩味や酸味などがありますが、高齢者で感じにくくなるのは塩分と甘みです。

 

高齢者の医学調査をしてみると味が薄かったり濃かったり感想が色々になります。

 

そして懐かしい献立など高齢者が食べやすいものもあります。

 

当時のイメージなどを思い浮かべさせて話をしながらすいとんなどを進めると美味しかったといわれることがあります。

 

味覚が低下しているのはもちろんなのですが、懐かしい味というのは脳が覚えているものではっきりと思い出すことができます。ベルコスメショップはこちら

 

最近は老化が原因でもないのに味がおかしくなってくる味覚障害がよく見かけられるようになりました。