苦い・味が分からないのは亜鉛不足?高齢者の食事

苦い・味が分からないのは亜鉛不足?高齢者の食事

  • そのような高齢者は味が全くわからないとか
  • 物が苦くてしょうがない

といった食欲が出なくてこのような場合には亜鉛が欠乏していることもあります。

 

それ以外に喫煙やタバコを吸う酒を飲むなどの習慣が長いお年寄りには味覚障害が起こっている可能性が高いです。

 

なぜ亜鉛が不足すると食べ物が味がわからなくなるこというとフィチン酸というものが含まれていて亜鉛の働きを阻害してしまうからです。

 

加工食品ばかり食べている人はこの点に注意しないといけません。

 

そして肺炎というのは嫌いという味を見分ける細胞に含まれているので低下してくると味がだんだんと分からなくなって行きます。
苦い・味が分からないのは亜鉛不足?高齢者の食事

 

ですので、亜鉛のサプリメントを取ったりあへがよく含まれているものを食べさせることで味が戻るかもしれません。

 

資格が変化すること青い食べ物を持っていくと食べる黄色くが失われてしまいます。

 

食べる気力がない人に沢山の食事を出すと全く一つも食べてくれないことも起こります。

 

ですので、食事を美味しく食べるには盛り付けを美しくすることも必要です。

 

そして栄養が不足している人だと視力がなくなってしまったり網膜症白内障ネオな病気が出て物が見えなくなってしまうこともあります。

 

聴覚が衰えて

一番高齢者として有名なのが耳が遠くなるという現象ではないでしょうか。

 

聴覚というのは音波の刺激を受けて音が聞こえると感じることですが、高齢者は補聴器をつけないと聞こえなかったり
耳元で大声を出さないと聞こえなくなってしまったり
全く聞こえなくなってしまったり
などレベルが色々ありますが、難聴という症状が一般的に起こります。

 

聴覚はとても大切で例えば
キッチンで煮物をしていてブツブツということが昔は聞こえていたのに今聞こえなくなってしまっていると、食べるものが急に出てくるような感じになって今から食べるぞという気持ちにならなくなります。

 

隣で友達がボリボリとおせんべいを食べていたらその音を聞いただけで自分もだんだん食べたくなってくるという経験をしたことがないでしょうか。

 

食事を作って音が聞こえることでもうすぐご飯だと思って食べたいという記録が出てくるのです。

 

年を取って耳が聞こえなくなるとこのような音が聞こえなくなるので食欲がわきにくくなるともいえます。

 

ですので、聴覚は食べることについても大切な事なのです。

 

嗅覚の変化

嗅覚の変化というのはもちろん食べることに直結します。

 

嗅覚の変化では鼻の中からにおいの物質が入って中枢神経に伝達されることですが、良い香りというのは食欲をそそるもので食べる上では重要なことです。

 

風邪を引いたりするとオレンジとグレープフルーツの違いがわからなくなることがあります。

 

これも嗅覚が衰えてしまったことが原因です。

 

老人というのはこの嗅覚の衰えが慢性的に起こってる状態どう考えてもよくそうすると食べ物が美味しくなくなってくるというのは想像に難くありません。

 

そして嗅覚というのは腐ったものを食べないためにも重要なことです。

 

花で匂いを嗅げば腐っているかどうかはすぐにわかります。

 

しかし鼻が効かなくなってしまうとそのような腐っているものを区別することができなくなり腐ったものを食べてお腹を下してしまうかもしれません。

 

触覚の変化

触覚の変化というのは食べ物を口に入れた時の肌触りといったものを意味します。

 

歯ざわり舌触りというのは食べ物を口に入れたときにどんな硬さ柔らかさをしているかどんな携帯のものなのかなどが一瞬で判別できます。まんこの黒ずみ解消に役立つ記事です。

 

しかし触覚が低下するとそのような感覚を失ってしまい食べているものが歩けなくなってしまいます。

 

そして魚の骨など食べてはいけない異物が混入している時にすぐに感じ取ることができないので触覚の変化も食べることにとっては重要なことなのです。